代々木八幡駅徒歩3分「骨盤底筋ラボ フリーダ」が助ける女性特有のお悩み

ペリネほぐしで、

​女性特有のお悩みを助けます。

多くの女性を悩ませてきた、骨盤周りの凝りからくるカラダの不調。

ここでは、ペリネほぐしをすることで改善が期待できる、7つのお悩みをご紹介します。

01

下腹部や腰の冷え

女性の6〜7割が悩んでいると言われる体の冷え。中でも女性にとっては下腹部の冷えは深刻なので、温活に励んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。下腹部の冷えの多くは、内臓自体が冷えてしまっている「内臓冷え性」です。以前NHKの情報番組「あさイチ」でも特集され大きな反響を呼んでいましたが、骨盤底筋をほぐしたり鍛えることで周辺の血流を促し、冷えの緩和を期待できます。

 

また骨盤底筋が鍛えられる=筋肉量が増えることで筋肉が熱を生み、何もしなくても下腹部が温かい状態になります。下腹部の冷えを取るためには、まずは凝り固まった骨盤底筋を柔らかくほぐして血流を良くすることがとても大切です。 また、骨盤底筋ラボ フリーダでは、女性の大敵である「冷え」を取るためよもぎ蒸しを取り入れています。よもぎ蒸しをされないお客様には施術中に、遠赤外線を放出する砂利を使用したホットパッドでお腹を温め、施術後には体を温める薬膳茶で温活していただきます。

 

女性の多くが悩む冷えを解消するために日々の生活に温活を取り入れてみてください。

 
02

お腹の張り・お腹ぽっこり

年齢と共に気になるお腹ぽっこり。実はこれも骨盤底筋の緩みが関係しています。普段の生活で鍛えることが難しい骨盤底筋ですが、お腹の中にある臓器などを支える役割を持っているため、骨盤底筋が緩むと、骨盤が広がったりゆがんだりする可能性が。また臓器などを支える力が弱まると腸の動きが悪くなり、お腹が張ったり、内臓が本来の位置より下がるため、お腹だけがぽっこりとしてしまうのです。つまりどんなにダイエットをして痩せていたとしても、骨盤底筋が衰えたら「お腹ぽっこり」になってしまうのですね。

 

よく「ボディラインを整えるにはインナーマッスルを鍛えるのが大事」と言われますが、骨盤底筋もスタイルを維持するための重要なインナーマッスルと言えます。骨盤底筋を鍛えることは、健康と美の両面からみてもとても大切です。

 
03

生理痛・生理不順

「日本人はその昔、生理の経血を自分でコントロールできた」という話を聞いたことがありませんか? 着物の時代は今のような下着をつける習慣はなかったため、膣を締めて中に血液をため、トイレに行った時に出していたというのです。それが可能だったのは、畳の生活で「布団の上げ下ろし」「一日何十回も立ったり座ったり」することで、自然と骨盤底筋が鍛えられていたからと考えられています。

 

現代の便利な生活下では若くても骨盤底筋は衰えていく傾向に。骨盤底筋が弱まると下腹部の内臓が重力で圧迫され、血流が悪くなりホルモンバランスが崩れます。それが生理不順や生理痛の原因の一つでもあり、生理痛においては、剥がれ落ちた子宮内膜を排出するための子宮収縮が原因です。そして生理痛のある方の多くは、骨盤底筋がとても硬くなっているのです。そこをほぐし骨盤が整うと子宮収縮がスムーズになり生理痛の軽減に繋がります。

 
04

頻尿・尿もれ

女性が年齢を重ねた時、深刻な悩みの一つとなるのが「尿もれ」です。

その理由は…

・他の筋肉と同じように加齢に伴って骨盤底筋が弱まっていく

・畳の生活から椅子の生活に変わったことで、骨盤底筋を鍛える頻度が減少

・出産の経験によって骨盤底筋が緩んでいる

・閉経で女性ホルモン(エストロゲン)濃度が低下し、骨盤底筋が衰える

・男性より女性の方が尿道が短い (出典:一般社団法人日本女性心身医学会)

 

これらをみてわかる様に、女性の尿もれの原因の多くは上記の理由から起きる骨盤底筋の衰えです。比較的若いうちは「くしゃみをした時に無意識に尿もれをしてしまった」などが多いのですが、年齢を重ねていくと、全く自覚をしていないのに尿が流れてきてしまう、尿意が頻繁に起きて外出もおっくうになる、という現象が生まれてしまいます。

 

「人生100年」と言われる時代だからこそ、後半の人生も輝けるように。私たちは、女性がいつまでも好きな活動をして生き生きとしていられるよう、骨盤底筋をしっかりとほぐして、そして鍛えることをお薦めします。

体操などで骨盤底筋を鍛える前にしっかりとほぐして柔らかくすることで、さらに効果がみられるのよ。

 
05

産後ケア

妊娠中や出産後しばらくは、尿もれに悩んだり、膣周辺の様々なトラブルを感じる方も多いでしょう。自然分娩の場合、骨盤底筋は出産で大きなダメージを受けているので、産後色々な悩みが出てくるのは当然です。

 

出産で受けたダメージは数ヶ月である程度戻ると言われていますが、自分でできるトレーニングを行うことで少しでも早く以前の状態に戻ったり、あるいはそれよりもっと良い状態にすることが可能です。

傷ついた骨盤底筋を元の状態に戻すには、まずは硬くなってしまった筋肉を優しくほぐすことから。骨盤底筋ラボ フリーダは産後の体の変化に苦しんでいる女性を応援します。

 
06

不妊(妊活)

妊娠しにくい体の特徴としては、インナーマッスルが弱い、お腹が冷えているなどが挙げられます。よもぎ蒸しで子宮を温め、骨盤底筋をしっかりほぐして血流をよくし、ペリネ体操で鍛えることで、内臓が適切な位置に収まり、しなやかな子宮をキープできることでしょう。

 

また、フリーダの気持ちよくて心地よい、温めほぐしの施術は、妊活で疲れた心と体を優しく癒します。

 
07

股関節の硬さや不調

アスリートの方やバレエ、ダンス、ヨガなどをやっていらっしゃる方にとって、体の柔軟性はとても大切。股関節の硬さに悩んだり、無理なストレッチをして股関節にトラブルを抱えたりしていませんか? 柔軟性を必要とする様々な運動を経験している方は、骨盤底筋をほぐすと股関節の可動域が広がることを実感いただけると思います。必要以上にきついトレーニングなどをせずに、無理のないストレッチが可能になります。

 

全ての方に、初回

よもぎ蒸しプレゼント​ 又は

ビオスチーム10分サービス♡

※ビオスチームをされる方はバスタオルを1枚ご持参ください。発酵菌を付着させてお持ち帰り頂きます。

(100円でレンタルもございます。)

お電話でのご予約・お問合せ

メールでのご予約・お問合せ

LINEからのご予約・お問合せ

  • アートボード 1
frida-blog-fix02.jpg

© FRIDA

PÉRINÉE LABORATORY

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • ブラックTwitterのアイコン